老後資金にはどれくらい必要?平均額を知り安心の生活を手に入れよう

老後なんてまだまだ考えられないという人も多いでしょうが、一体どれくらいのお金がかかるのかなんとなく気になりますよね。
いつまでも元気に明るく健康的な老後を過ごすために、今からしっかり情報を得て安心した生活が送れるように準備を始めましょう。

保険の無料相談実施中!
保険は貯蓄!です。お金のプロの公認会計士・税理士が運営する安心の保険代理店です。
保険をキチンと見直せば、お金をたくさん増やすことできます。
ご相談は無料ですので、お気軽に エクセライク保険㈱ までお問い合わせください。
✆ 0120-017-591 メールでのご相談

 

老後資金の基本

夫婦の老後必要貯蓄の平均

一般的に夫婦の老後に必要な貯蓄額は、3,000万円から5,000万円とされています。65歳以上の夫婦二人暮らし世帯の1ヶ月の支出は約28万円といわれています。
夫が会社員、妻が専業主婦であった場合、65歳から年金を受給し始めるとすると、そのうち年金でまかなえる額は月額約20万円です。

この8万円の不足を補うには、1年間で8×12=96万円、人生90年として96×(90−65)=2,400万円が必要となります。
毎月の支出だけでなく事故や病気にかかわる突発的な出費や、旅行などに使う娯楽費用を含めて考えると、老後の貯蓄は3,000万円ほど必要とされています。

60歳で定年を迎えて無職で収入がない場合は、28×12×5=1,680万円が加えて必要になるので、老後の必要貯蓄は5,000万円ほどとされています。

妻が会社員やパートタイマーであって厚生年金を受給できる場合には、年金による収入はもう少し増えます。夫婦の年金受給額を「ねんきん定期便」でおおまかに把握して、今後の貯蓄計画にいかしましょう。

詳細はこちら

老後資金の準備

余裕をもって5,000万円を貯蓄しておきたい。けれども、5,000万円を貯金だけで貯めようとすると、30歳から始めたとして60歳まで毎月約14万円の貯金をする必要があり、これはなかなか難しいことです。
そこで、毎月の貯金と並行して、貯めることだけでなく増やすことを考えましょう。それが資産運用です。資産運用には主に以下のものがあげられます。

☑投資信託
☑定期預金
☑個人向け国債
☑株やFX
☑個人型確定拠出年金(iDeCo)
☑少額投資非課税制度(NISA)

最近では、仮想通貨も資産運用のひとつの手段です。今ある貯金の一部やボーナスなどを使って、まずは少しずつ資産運用を始めてみましょう。
30代では出産や育児、住宅購入などにお金がかかるので、まとまった金額を投資にまわすことは難しいかもしれません。少額から運用可能なものを選ぶと、不安が少なく始められます。

50代になると子どもにかかるお金が減るので、一番貯蓄しやすい時期だといわれています。
自分の趣味などに使うお金とバランスをとりながら投資を進めましょう。60歳で退職した場合には、退職金を使って投資をすることができます。
ただ、年金の受給が始まる65歳までに貯蓄が減ることがないように注意が必要です。

男女差もある資金

国税庁の「民間給与実態統計調査」によると、平成28年度の平均給与は、男性約521万円、女性約280万円です。
賃金ベースが女性は男性よりも低めに設定されていることもありますが、結婚や出産を機に退職する人が多いため管理職になる女性が少ないことが、女性の平均年収が男性に比べて少ないことの要因のひとつです。

子育てが落ち着いてきて再就職する場合にも、家庭との両立を望んでパートタイム勤務を希望するとなると、フルタイム勤務ほどの収入はのぞめなくなります。そのような事態に対応するためにも、しっかりと貯蓄をしておく必要があります。

また、パートタイム勤務の場合、厚生年金に加入できるかどうかもポイントです。パートタイム勤務で厚生年金に加入すると、年金保険料が引かれる分手取りが減ってしまう場合もありますが、将来の年金受給額は増えます。どちらを優先するかで働き方を考えることも大切です。

詳細はこちら

30代の準備の実情

30代の約40%は貯蓄が100万円以下といわれています。いままで貯金をしてこなかったという人もいれば、出産、子育て、住宅購入などで支出が増え、貯蓄が減ってしまったという人もいます。理由はさまざまですが、準備金不足の30代は少なくありません。

30代から資産運用を始めれば、長期的に投資をすることができ、お金が必要になる年齢になるまでに必要な額をつくることができます。30代から計画的に準備をしていくことで、老後の不安を軽減することができます。
今現在貯蓄が少ないという人こそ、少しずつ確実に積み重ねていきましょう。

資金の主な用途

毎日の生活費

総務省の「家計調査(二人以上の世帯)平成29年10月分」によると、無職世帯の1ヶ月の支出は約28万円で、そのうち食費は約6万8000円、光熱費は1万9000円です。
食費や光熱費は生活していくうえで必要不可欠であり、生活費のなかでも多くかかるものです。今後、消費税が10%に増税されると、必要な生活費は今より増加することが考えられます。

健康的な生活のためにも食費をけずることがないようにしておきたいものです。

詳細はこちら

退職後の医療費

国民健康保険に加入していれば医療費の負担は3割で、75歳以上になると後期高齢者医療制度が適用され、負担は1割となります。
高齢になるほど医療機関を受診する機会は増えていくと考えられますが、定期的に受診したほうが良いのは、歯科治療です。

歯は食べるためや会話をするために重要であり、歯科治療を受けていれば高齢になっても食べる楽しみや話す楽しみを長く維持することができます。充実した老後を送るためにも、必要な医療費をしっかり確保して定期的に受診することが大切です。

夫婦の趣味への投資

退職後は自由に使える時間が増えるため、旅行や趣味に時間を使うことができます。老後の生活を充実させるためにも必要な出費です。月額3万円ほど娯楽費としている世帯が多いようです。

長期間の旅行をしたいと考えているならば、もっとまとまった金額が必要です。旅行のための貯金を早くから始めておくのも良いでしょう。楽しみの多い老後にするために、きちんと試算にいれておきましょう。

様々な維持費

車を所有している場合には、自動車税、保険料、駐車場代、ガソリン代、車検代などがかかります。ソニー損保の「2016年全国カーライフ実態調査」によると、1ヶ月あたりの車の維持費の平均額は、13,600円です。
軽自動車、セダン、ワゴンなど車のタイプによって金額は異なりますが、多く見積もって年間約20万円かかります。高齢になると車は重要な移動手段ですが、維持費はなるべくおさえたいものです。
維持費が一番かからない軽自動車にしたり、カーシェアリングや公共交通機関を利用したりなど対策を考えておきましょう。

一軒家やマンションなど家を所有している場合には、固定資産税や都市計画税、修繕費などがかかります。気を付けたいのは修繕費です。
マンションの場合、修繕積立金や管理費を毎月払うことになりますが、一軒家の場合、必要となる経費を考えて自分で管理しておかなければなりません。

新築で家を建てたとしても、10から15年もすれば修繕の必要なところがでてきます。
畳や床、屋根、壁の修繕、トイレ・浴槽など水回りの設備の交換や改装などに備えて、家計にしっかり組み込んでおきましょう。
一軒家をこれから建てることを考えているならば、耐久性の高い素材や施工方法を選択するとよいでしょう。

夫婦でしっかり話し合い準備していこう

30代のいまはまだ老後の生活を完全に思い描くことは難しいかもしれません。
しかし、安定した老後を送るためには今のうちから何ができるのかをしっかり調べてみることが大切です。今からの積み重ねが将来の不安を無くす大きな要因となります。

定年までどのようなことが考えられるか、定年後はどのように過ごしていきたいかを、この機会に夫婦で少しずつ話し合い、理想の将来を送るために準備を始めていきましょう。

公認会計士・税理士 伊藤 温志

エクセライク保険株式会社 代表取締役。2018年MDRT会員取得。
会計事務所の経営を通じ1,000社を超える顧客の税務/会計/保険/資産運用の相談に対応。
通常の代理店ではみれない顧客情報を扱っていることから、豊富な引出しを有し多くのお客さまから支持を集めている。