自分に合った医療保険を考える。女性が保険を選ぶときのポイントとは

女性が医療保険の必要性を考えるとき、病気に対しての漠然とした不安があるのではないでしょうか。特に女性特有の病気になったら保障面が気になります。
そこで、女性が保険を選ぶときのポイントを考えます。自身のライフスタイルに合った保険を選び、安心して日常生活を送りましょう。

保険の無料相談実施中!
保険は貯蓄!です。お金のプロの公認会計士・税理士が運営する安心の保険代理店です。
保険をキチンと見直せば、お金をたくさん増やすことできます。
ご相談は無料ですので、お気軽に エクセライク保険㈱ までお問い合わせください。
✆ 0120-017-591 メールでのご相談

 

女性の医療保険の選び方や比較のポイント

女性特約の有無が選べる

女性が医療保険に加入する際にどのような内容を比較して保険商品を選べばよいのか。そのポイントのひとつが女性特約をチョイスできるのかどうかということです。

主な女性特有の病気といえば乳がんや、子宮筋腫や子宮内膜症など、子宮の病気や異常妊娠、異常分娩、卵巣がんなどが挙げられます。女性は年齢によって医療機関で受診する内容が異なり、病気に対するリスクも医療機関にかかる内容も変化していくものです。20代から30代前半頃の若年層は妊娠や出産によるリスクも伴ってきます。

医療保険を選ぶ場合は女性特約は必ずしも付加しなければいけないものではありませんが、年齢や自身の家族構成、環境などにより、起こりうるリスクを想定して医療保険に加入するようにするといいでしょう。

女性に多い病気や女性しかかからない病気を想定して、手厚い保障が欲しい場合には女性特約を付加することができる保険商品を選ぶと安心です。若いうちからかかりやすい病気や、年代にかかわらず誰でも可能性のある病気に備えて、保険料の安い年代のうちに早めに加入することを検討するのもいいでしょう。

入院給付金日額が5,000円以上

入院給付金は一般的に1日5,000円、もしくは1日1万円が一般的です。では実際に入院給付金はいくらあれば安心なのでしょうか。医療保険の入院給付金は5,000円以上を設定していれば安心といえます。

医療費が高額になった際に、一定の金額を超えた部分を国から払い戻しをされる「高額療養費制度」という制度があり、この制度を利用することで(年収によりますが)、多くの方が1ヶ月の最大自己負担8万円〜9万円程です。医療保険の入院保障で5,000円の入院保障に加入しておけば、1日当たりの入院費はまかなえることになります。

ただし、健康保険の適用にならない医療費については適用されません。例えば入院部屋を個室にしたい場合には「差額ベッド代」がかかり、その費用は自己負担となります。さまざまなことに対して余裕をもって保険でまかないたいと考える場合は入院給付金を1万円に設定しておくと安心でしょう。

詳細はこちら

支払い限度日数が60日以上

入院給付金の支払限度日数について、何日の限度日数があれば安心なのでしょうか。入院限度日数には60日、120日、多いタイプでは180日と限度日数があります。もちろん、限度日数が多いほど、安心ではありますが保険料もそれだけ高くなってしまいます。

入院日数は近年短くなっている傾向にあり、通院しながら治療するスタイルが主流になっているため、長い入院に備えるよりも、その他の特約を重視する傾向にあります。厚生労働省の調査によると平均入院日数は31.9日。この調査に基づくと入院限度日数は60日以上あれば、十分に備えられると考えられます。

ただし、入院が長期になる可能性がある病気に対して備えておきたい場合には、120日型などの限度日数を準備しておくのもいいでしょう。将来の病気や入院日数は誰にも予測はできません。予想不可能なことに対して備えて家計の中からどこまで保険料を捻出できるのかの兼ね合いになります。

手術給付金が変動倍率型

手術給付金の給付金額はどのように決まっているのか。一般的に入院給付金の日額金額から算出されており、手術の種類によって変動する「倍率変動タイプ」と入院給付金から一律に倍率して給付される「一律倍率タイプ」に分かれます。

倍率変動タイプは手術の種類により倍率が決まっており、手術の重さによって10倍、20倍、40倍と変動します。具体的な倍率は各保険会社のホームページや約款を確認しておきましょう。重い手術の場合は医療費が高額になり、軽い手術の場合には医療費は安くなるということに対応している給付型です。

一方で一律倍率タイプの場合には、給付該当の手術を受けた場合には一律で入院給付金の倍率を給付します。分かりやすい反面、重い手術を受けた場合には受け取れる給付金額が変動倍率型よりも手薄になることがありますので注意が必要です。

ネットの口コミ評価が高い

医療保険の商品選びに悩んだときにはインターネットでの口コミを頼るのも一つの手段。口コミ評価が高い商品から順に情報を得て、総合して自身に合った商品や保障内容を選ぶというのもいいでしょう。

加入者の声や、実際に保険を利用した話が聞けたり、気づかなかったことに気が付くチャンスがあるかもしれません。保険のショップ窓口に出向く前、あるいはネットで申し込む前に、後悔しないようにある程度保険の知識を持っておくことは必要です。申し込む前に気になったことを質問したり、悩みを解決できそうな気になる商品を絞り込むこともできます。

しかし、インターネットの口コミばかりに頼らず、自身のライフスタイルや将来のことも考えて、各保険会社のホームページを確認したり、保険のパンフレットを集めて比較してみるなどして勉強するつもりで確認してみましょう。

安いけど最低限の保障がついている

保険料は安いけど、必要最低限の保障がついていればOKという方は多いのではないでしょうか。昨今はインターネットで保険を販売している保険会社も多く、外交員を有しない分保険料を安く抑えている商品も多く販売されています。

医療保険には入りたいけれど、無駄を省いて保険料を安く抑えたいといった場合には、最低限の保障に絞っての加入を検討してみるのも得策です。しかし、注意したいのは安い保険料だけで加入を決めないということ。しっかりと保障内容を確認して自分に合った最低限の保障は確保するようにしましょう。

20代や30代の女性におすすめの医療保険

アクサダイレクト生命 女性専用終身がん保険

アクサダイレクトの「女性専用終身がん保険」は女性のための保険プランが満載です。女性特有のがんに特に手厚い保障を備えたいという方に人気です。がんの治療で入院したときの入院保障は入院日数無制限です。

初めてがんと診断されたときに給付されるがん診断給付金を基本保障とし、女性特有のがん治療のために入院した場合、女性がん入院給付金を受け取ることができる女性がん入院給付金を付加することができます。

また、このがん保険は3年ごとに10万円、もしくは5万円の給付金が出るがん無事故給付金を付加することができる保険です。がんにならなかったときに健康ボーナスとして無事故給付金を受け取ることができますので、健康意識を高めるためにも付加しておくのもいいでしょう。

さらに、医師、看護師に24時間365日電話で健康相談や医療機関の案内、セカンドピニオンサービスも無料になっており、安心して加入できる女性に優しいがん終身保険です。

オリックス生命 医療保険新キュア・レディ

オリックス生命の女性向け医療保険審キュア・レディは女性特有の病気やがんを特に手厚く保障する保険です。乳がんや子宮筋腫といった女性特有の病気はもちろんのこと、胃がんなどのすべてのがんで入院した場合女性入院給付金を上乗せして保証してくれます。

また、入院の有無に関係なく約1,000種類の手術を保証、先進医療も通算2,000万円まで保障してくれるお手頃価格な保険料で女性に手厚い保障が特徴の保険です。お手頃な保険料で病気やけがによる入院や手術を一生涯保証。保険料は加入時のまま上がらないので安心です。

さらに、三疾病特約を付加することで、がんや急性心筋梗塞、脳卒中の場合にまとまった一時金を保証されますので、長引く病気の際の補てんや備えになり、手厚く保障をして安心を得ることができます。

また、限定特典として24時間電話健康サービス、セカンドピニオンサービスなどの限定特典もあり困ったときには相談できることも安心のポイントです。

ライフネット生命 終身医療保険「新じぶんへの保険レディース」

ライフネット生命の「新自分への保険レディース」は女性特有の病気に手厚くがん先進医療もカバーしてくれます。がんや先進医療にも対応している充実した保険です。乳がんや子宮がんなどで入院した場合には通常の入院給付金に上乗せして女性入院給付金が支払われます。

入院給付金は日帰り入院から入院5日目まで、一律5日分の給付金が受け取ることができるのもこの保険のポイントです。昨今では入院が5日以内の短期入院が増えていることに注目し、短期入院でも安心な保障内容となっています。

また、公的医療の手術給付金は入院日額の一律10倍に設定し、手ごろな保険料を実現可能です。保険料は安く抑えて女性に優しい保障が特徴の保険商品です。

アフラック ちゃんと応える医療保険レディースEVER

がん保険でおなじみのアフラックの医療保険「ちゃんと答える医療保険レディースEVER」の特徴は乳がん、子宮筋腫といった女性特有の病気を手厚く保障します。女性特定手術特約を付加することで、女性特定手術給付金や乳房観血切除手術を受けた場合には、乳房再生手術給付金が給付されます。

また、日帰り入院や短期入院もしっかり保障します。5日以内の入院の場合でも入院給付金を5日分給付されます。特約を付加すると1回の入院につき5万円の一時金もあります。入院にかかる初期費用にも対応できます。更に通院特約を付加することで入院前後の通院治療も手厚く保障してくれます。入院中の手術はもちろんのこと、外来による手術や放射線治療を受けたときの保障もあり安心です。

メディケア生命 メディフィットA女性専用パック

住友生命グループのメディケア生命「メディフィットA女性専用パック」はお手頃な保険料で女性特有の病気やがんを手厚く保障します。保険料が手頃な入院給付金と女性入院特約、先進医療特約が柱のライトプランから、がん保険に重点を置いたがん安心レディプランまで、4タイプのプランからニーズに合わせて選ぶことができます。

基本のプランに自信に必要な定期保険や死亡保険もカスタマイズできるので、ライフプランに合った保険設計が可能です。インターネットでさまざまなプランを組み合わせたシミュレーションもできるので、保険料とプランをすり合わせて確認してみるのもいいでしょう。

女性特有の病気に備えた医療保険を選ぼう

女性が医療保険に加入する際は、女性特有の病気に備えた医療保険を選ぶのがポイントです。保険は、貯蓄や公的な保険でまかなえない部分を備えておくものです。働けなくなり収入がなくなったときには医療費の足りない部分だけではなく、生活を補うためにも必要な保障を考えておく必要があります。

女性の保険選びは、将来かかりうる女性特有の病気も視野に入れて備えることが大切です。保険は病気になってからでは加入することができず、高齢になってから加入すると毎月の保険料も高額になるため、健康リスクの少ない若いうちに加入しておき、生活や家族構成が変わったら保障を見直すというのも一つの考え方です。

そろそろ備えておいた方がいいのではと考え始めたときが、加入どきかもしれないので真剣に検討してみましょう。自身に合った医療保険を選び、将来に向けて安心して健康的な生活を送りましょう。

公認会計士・税理士 伊藤 温志

エクセライク保険株式会社 代表取締役。2018年MDRT会員取得。
会計事務所の経営を通じ1,000社を超える顧客の税務/会計/保険/資産運用の相談に対応。
通常の代理店ではみれない顧客情報を扱っていることから、豊富な引出しを有し多くのお客さまから支持を集めている。