「保証期間付終身年金」老後に備えて選ぶ際のメリットとデメリット

多くの方が貯金や公的年金だけでは老後が不安だと考えています。個人年金も合わせて検討するなど周到に老後の準備をしていくことはとても大事なことです。 ここでは、個人年金の中でも「保証期間付終身年金」を焦点にそのメリットとデメリットを見ていきます。

保険の無料相談実施中!
保険は貯蓄!です。お金のプロの公認会計士・税理士が運営する安心の保険代理店です。
保険をキチンと見直せば、お金をたくさん増やすことできます。
ご相談は無料ですので、お気軽に エクセライク保険㈱ までお問い合わせください。
✆ 0120-017-591 メールでのご相談

 

保証期間付の終身年金のメリット

保証期間があり

終身年金には保証期間「あり」と「なし」があり、保証期間ありの場合は安心のメリットがあります。 終身保険ですから被保険者が生きている限り一生涯年金を受け取ることができるのはもちろんですが、もし万が一被保険者の方が亡くなられた場合でも、5年や10年や15年など一定期間必ず年金を受け取りできる保証期間があります。 保証期間なしの場合は被保険者の方が亡くなられると、それが年金受取開始直後であったとしてもそれ以降は年金を受け取ることができなくなります。すなわち、かけ損になってしまうということです。 せっかくコツコツと掛け続ける個人年金保険ですから、かけ損なしという残念な結果を回避するためにも終身保険を選ぶ際は保証期間付きを選択することを念頭に検討してみることをおすすめします。

公的年金にプラスして年金が受け取れること

公的年金と合わせて終身年金が受け取れることは本当に大きな安心です。 現状でも多くの方が老後は公的年金だけではとても不安だと言いますし、実際に日々生活していくのは公的年金だけでは厳しいのではないかと言われています。 ご存じのとおり公的年金に関しては、その管理体制の大きな問題が以前からメディアで取り上げられたように、今働き盛りの世代の方たちが老後に受け取ることのできる金額が少ない可能性であったり、万が一破綻することも考えられないわけではないといった不安が大きかったりと、本来は老後の安心のためにあるはずのものが不安を煽る要因になっている現状があります。 そう考えると、終身年金による安心は大きいものであると言えます。

老後の生活を計画しやすい

終身年金を選択することでゆとりを持たせた老後の生活を計画しやすくなります。終身年金は、受取開始後は生きているかぎり一生涯年金を受け取れますので、確実な月々の収入にカウントすることができ老後生活の収支計算をする際にシミュレーションしやすくなります。 老後はできることなら、悠々自適な日々を過ごしたいと思うのは誰もが願っていることでしょう。その安心を得るためにも、老後の生活を計算しやすい終身年金は最適な選択肢のひとつであるのではないでしょうか。 働き盛りである今から老後に備えて少しずつ準備をしていくとよいでしょう。

保証期間付の終身年金のデメリット

保証期間がないタイプより保険料が高い

安心が得られるメリットが大きい終身年金ですが、いくつかデメリットもあり、そのひとつが保証期間がないタイプより保険の掛け金が高くなることです。 確定年金と比較してみても、月々の掛け金は倍かそれ以上の差があります。 掛け金が高くなる分、老後の安心や保証が手厚くなるのは事実ですので、何を優先してどのタイプを選択するか悩みどころでもあります。 ただし、保険の掛け金が高いことがすべての人にとってデメリットかというと必ずしもそうではない場合もあります。 例えば、老後に独身で遺族がいない方や遺族が終身年金を受け取ることを必要としない方などは保証期間がないタイプでも、本人は十分に終身年金の恩恵を受けられます。 ご自身の家族構成や環境によって決めていかれるとよいでしょう。

元本を回収するには80歳以上生きる必要がある

終身保険は、掛け金が高いので元を取ろうとすると80歳以上まで生きる必要があります。 日本人の平均寿命は長くなっていますので、単純に考えれば自分も80歳以上までは生きそうだと思いたくなるのは理解できますが、長生きできず高い保険料がかけ損になる可能性も十分にあることも忘れてはなりません。 これだけ見ると、資金計画の段階でどのタイプを選ぶか非常に悩むところです。 ひとつの方法としては、ご夫婦で考えるなら平均寿命が長い女性(奥様)の方を終身保険にするなど、少しでも損失が少なくて済む可能性の高い資金計画を行いながら検討するとよいでしょう。

扱う保険会社が少ない

いろいろと悩んで検討した結果、保証期間付終身年金を選択することにした場合に気付くことですが、保証期間付終身年金を取り扱う保険会社は意外に少ないです。 その大きな理由は、長寿国である日本では保証期間付終身年金では保険会社の採算が合わないからです。 また、保険料が高いため加入者の数が少ないのも要因です。 それでも保証期間付終身年金がベストな選択である方にとっては、これ以上ない手厚い保証となによりも老後の大きな安心が得られますので、資金があれば検討する価値は十分にあるのではないでしょうか。 取り扱う保険会社が少ないとはいえ、保険会社ごとに比較するとそれぞれの特徴などがありますので、ご自身の要望と保険の特徴が合うものを比較検討してみるとよいでしょう。

終身年金と確定年金の違い

終身年金は保険金が非常に高い

上でも少し述べたように、終身保険の保険金は確定年金に比べて非常に高く、特に保証期間付終身年金の場合は掛け金が確定年金の2倍以上にもなります。 掛け総額で見てみると、終身年金と確定年金では1,000万円以上の差額が生じることもあります。 若いころにコツコツと保険料を払って老後に備えていくわけですが、月々の家計の収支のバランスを考えた場合支出に対する年金保険の占める割合が多すぎると、せっかくの将来のための保険料の支払いがご自身の現在の日々の生活を圧迫して大変になる可能性もあります。 それでもいずれも年金保険にも特徴があり、みなさんの老後の生活を助けてくれることは間違いありません。ご自身の希望や、何を優先したいのかをよく考えることで、どの年金保険なら自分の要望を少しでも満たすかが見えてくると思います。 実際に保険会社の無料相談などを利用しながら、時間をかけて比較検討するとベストな選択ができるでしょう。

短命の場合確定年金の方が得

仮に短命で亡くなられると仮定した場合は、確定年金の方が断然お得であると言えます。終身年金の元を取るには平均寿命以上生きなければなりません。 確定年金は終身年金よりも保険料が安いうえ被保険者が年金保険の受取期間中に亡くなられた場合でも残りの受取期間の年金を遺族が受け取ることができます。 終身年金も、被保険者が短命で亡くなられた場合でも保証期間内であれば残りの保証期間分の年金保険を遺族が受け取ることができますが、元々の掛け金がとても多いので短命の場合に元を取ることはできず、かけ損が大きくなることは間違いありません。 手厚い保証の終身年金で大きな安心をとるか、比較的手軽な掛け金で期限付き保証の厚生年金で小さめの安心をとるか、難しい選択ですが時間をかけて検討していきましょう。

確定年金は種類が豊富

確定年金は年金の受取期間をご自身の希望に合わせて設定できるなど、その種類が豊富です。 例えば、公的年金の受取金額が少なかったり、まったく無かったりする60歳〜65歳の5年間を確定年金の受取期間に設定して確定年金を組むこともできますし、住宅ローンの支払いなどが残る60歳〜70歳までの10年間を確定年金の受取期間に設定して確定年金を組んで支払いを補うこともできます。 また、70歳までは労働収入や不労収入などで確実な収入の見込みがある場合は、70歳から85歳までの15年間を確定年金の受取期間に設定して確定年金を組むこともできますので、高齢になってからの生活に余裕を持たせることができます。 いずれにせよ、ご自身のライフスタイルに合わせたタイプを選択することで老後の生活にゆとりを持たせてくれるでしょう。

終身保険のメリットデメリットを把握しよう

比較した結果からみると、個人年金保険の中では終身年金が最も手厚い保証を得られるものと言ってよいかと思います。 しかし、そんな頼りがいのある終身年金にもこれまで述べてきたようにメリットとデメリットが必ずありますので、その点を十分に理解したうえで選択するかどうかを検討することが大事です。 いずれの年金保険を選ぶにせよ老後の生活を助けてくれることは間違いありませんが、保証期間付終身保険の保証の手厚さは他に変えられない大きな安心を得られます。 今現在、普通預金などをコツコツとされているなど保証期間付終身保険に充てられそうな資金があれば、切り替えを検討するのもひとつの大事な選択肢であると言えます。

公認会計士・税理士 伊藤 温志

エクセライク保険株式会社 代表取締役。2018年MDRT会員取得。
会計事務所の経営を通じ1,000社を超える顧客の税務/会計/保険/資産運用の相談に対応。
通常の代理店ではみれない顧客情報を扱っていることから、豊富な引出しを有し多くのお客さまから支持を集めている。